« アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 9 | トップページ

2013.10.23

アオシマ「扶桑」 1938  完成

Fuso6


Fuso1


Fuso4

Fuso2

Fuso3

1/700の「扶桑」は昔からアオシマのキットが知られていまして、この「扶桑」1938は近年の1/700「扶桑」の中でも新しいキットのひとつです。扶桑型戦艦の魅力は異常に高くそびえる艦橋です。この時代の「扶桑」は古い写真でもその威容が比較的多く記録されていますね。
各部のモールドも精緻で合いも良く、近年のキットは本当に組みやすいです。ストレートに組んで完成すれば印象通りの強そうな戦艦が出来るのでお勧めだと思います。
この模型のクセとしては艦橋を組み立てるとやや前のめりになる傾向があるように感じられます。組立図では艦橋を作ってから船体に乗せるように指示されていますが、傾き予防のため船体に艦橋下部のパーツを積み上げるように接着していくと良いかもしれません。確認が容易になります。その分、塗装時のマスキングなどの手間が増えるのですが、どちらのルートで組み立てるかは考えどころです。

これより古い時代の「扶桑」「山城」のシルエットも独特の魅力にあふれていますので、そんなキットが発売されたらいいなと希望しています。

|

« アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 9 | トップページ

「艦艇模型」カテゴリの記事

コメント

お元気ですか?今年も残り少なくなりましたね。世界の軍艦コレクションって気になりませんか?最新号はイタリア戦艦リットリオですね。2000円とちょっとの出費でダイキャストフルハルモデルの完成品が手に入るわけですから、購買意欲を毎号そそられてしまいます。しかしプラモデルを趣味としている身としては、ちょっとズルい気がしてしまって創刊号の大和だけの購入に留まっております。毎号、書店で手にはとるんですけどね(>_<) 良いお歳をおとりください。

投稿: ヒデ | 2013.12.23 20:39

ヒデさん ご無沙汰しています。漸く仕事おさめでほっとしています。
完成モデルは小さくて宝物みたいでそそられますね。うちではこのシリーズではないけど二点持っています。金属製なのが最大の魅力でしょう。
昨今は艦コレがすごい人気で、そのあおりなのかアオシマの長門が売れるし、クレオスの日本軍艦色が欠品になるなどで驚いています。
良いお年を!

投稿: 佐伯真一 | 2013.12.29 01:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95283/58436576

この記事へのトラックバック一覧です: アオシマ「扶桑」 1938  完成:

« アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 9 | トップページ