« アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 6 | トップページ | アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 8 »

2013.09.26

アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 7

Fuso58


艦底板の塗装です。艦底板をつけないのも選択肢ですけど、艦底色が入ると模型としての見栄えが増すと思います。

Fuso59


筆ぬりです。色はアズキ色を基調に黒、赤などを混ぜて調色したものです。マルーンの一色ぬりもありですねー

Fuso60

にじむので塗料はやや粘性の高い状態で塗ります。

Fuso61


うう。段差のところでにじんでしまった・・・・・・

Fuso62


再度マスキングを施し、エアブラシでピンポイント塗装。筆でヘタに修整するとにじみが広がるのは戦訓の通り。
これで乾燥すれば判らなくなる。

Fuso63


艦尾もあとで修正することとする。

Fuso64


カタパルト付近の作業甲板はリノリウム張りなのでクレオスのウッドブラウンを筆塗りしました。


Fuso65_2


主砲塔と副砲を取り付け。


Fuso66


主砲塔は差込式になっています。


Fuso67

これで船体がほぼ終了です。

|

« アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 6 | トップページ | アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 8 »

「艦艇模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95283/58266319

この記事へのトラックバック一覧です: アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 7:

« アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 6 | トップページ | アオシマ 1/700「扶桑」1938製作記 8 »