« アオシマ1/700「飛龍」竣工 | トップページ | ライカM3が来た日 »

2009.09.20

オリンパス35RC修理しました

Rc

まえから持っていたオリンパス35RCです。四年ほど前に旅行先で故障したままでしたけど、意を決して修理することにしました。
症状は絞りの作動不良で、よく見ると鏡胴内部で絞羽根が脱落したらしく、カメラを傾けるとぐらぐら動きまわります。シャッターは切れていますから少しは安心です。

Rc1

軍艦を外したところです。セルフタイマーのネジは逆ネジなので注意が必要です。ねじ切ったらそれまでですね。

Rc2

セルクタイマーが上部にあってけっこうスペースを占領していました。ギヤーボックスがむき出しなのでメンテがしやすいようです。

Rc5

赤い矢印の所がファインダーの速度表示指針です。これは左のパーツでシャッターダイヤルと連動しています。
この個体は買った時から指針が動かなかったのですが、銅色のプレートとシャッターからのバーツの部分が浮き上がってかみ合っていなかったため連動しないのでした。すこしパーツどうしの高さを合わせてやると治りました。
丸印は押さえのバネです。動かない時はこれも外れていないか確認するといいです。

Rc1_2


鏡胴分解は、一番初めに外周を取り巻くアルミ製のリング状のネジを外すのですが、レンズオープナーでも固くて回りません。なんせ昭和45年のカメラですから39年経ってます。
時計油をベンジンで薄めてリングに少したらし、五分くらい経って再び廻すと少しずつ回りはじめました。
ムリに回すと切り欠けの部分が破損します。アルミだから簡単に傷めてしまいます。そうなったらリングを外すことは不可能ですぞ。

プラスねじを3カ所抜くとレンズが外れます。


Rc3


Rc2

cds受光体のリード線を慎重に取り扱いながら外して行きます。こいつが引っ張られて断線したらやっかいです。

Rc3


どんどん外していきます。デジカメでパーツの位置と向きを記録します。

Rc4


だいぶ近づいてきました。本体と鏡胴を繋いでいるシャフトはいじらない方がいいと思います。

Rc4

故障箇所に到達。絞り羽根が脱落していました。故障の原因は鏡胴を固定している内部のネジが緩み、がたつきが大きくなってスキマを生じたため、ピンの上に乗っていただけの絞り羽根が脱落したのです。

Rc5

絞り羽根を正しい位置に装着しました。この部分は油は禁物です。

Rc6

このカメラは変わっていてEE機構がカメラ下部にあります。ふつうは軍艦部分にあるのですけど、シャッターボタンを押すと下部まで力が働いてメーター指針を段付板を押さえて絞りの開閉を制御する複雑な連動機構でした。
黒いビニルテープで密閉されている所がcdsメーターです。

Rc7

遮光モルトは劣化してぼろぼろになっていますので張替えます。

Rc8

古いモルトを完全に落とした後、現物合わせでモルトを貼り付けていきます。

Rc9

カメラの分解はどうしても専用工具が必要です。これはジャパンホビーツールさんのレンズオープナーとレンジファインダーオープナー。
先端はネジの状態に応じて交換します。工具はぴったり合わないとカメラを壊すことがありますが、適正な工具だと意外に簡単に分解できてしまいます。http://www.japan-hobby-tool.com/cart/syouhin.php?cat=&no=1

Rc10

修理が終わりました。絞り羽根の取り付け直し以外に、ファインダー内部をアルコールで掃除、各種可動部分(シャッター羽根と絞り羽根を除く)に注油をしています。

オリンパス35RCはコンパクトなボディに連動距離計、セルフタイマー、B・1/15~1/500秒のシャッターを持ち、速度優先EE機構とマニュアル露出も可能な高性能機でした。42mm F2.8のズイコーレンズはメリハリが効いてシャープな描写でなかなかいいんですよ。
1970年のアサヒカメラに新製品特集が掲載されて、とうじ中学2年の自分は何回も読んでは憧れたカメラです。
復活してうれしいです。

|

« アオシマ1/700「飛龍」竣工 | トップページ | ライカM3が来た日 »

「カメラ」カテゴリの記事

コメント

初めまして! たまたま同じカメラの記事をさがしていて
たどり着きました。
先日このカメラを購入しまして 今モルト交換にチャレンジ
中ですがLR44電池を入れても露出計が利かずEEが働かないようです・・・何とか電気系直してみたいものです!
高速シャッターも使えてとてもいい音ですね。
他にたまたまジャンクで800円で購入した 35EDも
あるのですが シャッター音が全く違います・・・・

投稿: 侍ジャパン | 2015.07.04 22:08

侍ジャパン様 書き込みありがとうございます。
800円とは安いですね。ジャンクでもあまり見かけることが少ないカメラだと思います。
やはり段付きプレートを押さえるEE機構かと思いますが、狭い空間に連動機構が設けられているので難しそうですね。
メーターが生きていればいいんですが。マニュアル機としてで使用しても面白いと思います。
35EDはたしか電子シャッター機でしたか、これもあまりジャンクで見かけたことがありません。

投稿: 佐伯真一 | 2015.07.08 23:30

ありがとうございます・・・
電池室のスペーサーのかませ型を工夫したら
35 RCも無事シャッター優先が使えるように
なりました! でも基本マニュアルで撮るのが
多いんで
まぁ、露出の参考程度ですけどね。やっぱあると便利です

35 EDは 電池OFFがないんでいれっぱだとすぐ電池がなくなりますね  ><

シャッター音は全く違いますね、この二台。
RCのほうが「ぱちゃん」って感じで

EDは「チャっ」って感じかな・・・ww
意外と結構よく写りますね!素晴らしい日本のカメラ
二台とも巻き上げレバーの感じがとてもいいです・・・
ギヤが回ってるって感じがいいですねぇ。。。。。


投稿: 侍ジャパン | 2015.07.10 00:56

EDのほうはシャッターが確か800分の1まででしたか・・
結構高速シャッターですよね。
レンズシャッターって500分の1が限度なのかと
思ってましたがシャッターメーカーによっても
違うんですかね。 両者フラッシュマチックが生きてますんで日中シンクロも簡単にできそうです。
一眼のPENTAX SP や K-1000 MXなんかも
時々引っ張り出していじるんですが、フラッシュ撮影は
シンクロコードが要らない分こっちのほうが楽そうですwwgood

投稿: 侍ジャパン | 2015.07.10 05:11

侍ジャパン様
治ってよかったです!故障していたカメラが生き返るほどうれしいことはありません。
オリンパス35EDは持っていないんですが、うちに35EC2があります。EC2はEDと同じ電子シャッターですが、特に露出計のスイッチはありません。
電子シャッターは内蔵するコンデンサーに電気がたまって満杯になるまでの時間だけシャッターが開いている構造ですから、シャッターボタンを押すとスイッチが入ってコンデンサーに電流が流れます。コンデンサーが満杯になるとシャッターが閉まり、露光が終われば電流が流れなくなります。したがって基本的に電子シャッター機にはcdsメーターによる指針押さえEE機のようなメインスイッチがありません。電池の消耗が激しいのは現在のボタン電池では容量が不足しているためかと思われます。スローシャッターを多用するとすぐ電池が消耗しますね。
また、電子シャッターは小さな電磁石に通電することにより羽根が開閉する機構なのでガバナーも無く、機械シャッターとは作動音がことなりますね。
このシャッターはシャッターと絞り羽根が兼用なので全開にならないうちに羽根を開閉すれば高速シャッターが可能になります。かつては機械シャッターでも絞り羽根兼用のものはレンズシャッターでも1/1000なんてのがありました。(ミノルタだったかな??)

投稿: 佐伯真一 | 2015.07.12 13:11

sun
そうなんですね! 1000分の一のレンズシャッターが
あったなんて驚きです。
そうですか電気式だとそれで消耗が激しいのですね 汗)

EDも電源スイッチはなしですね。
自分は使わないときは電池を出すようにしています。
こまめに・・・

勢いで一昨日キャノネットのG ⅢQL のジャンク品、
またも買ってしまいました  ><

レンズがカビと傷で特に前玉がすごいですが
どこまで写るか、試し撮り中です!

すごくよくできたカメラでシャッター音もちょっとフォーカルプレーンっぽい?きがします。個人的に!

ただピントのヘリコイドはオリンパスのほうが
スムースでまわしやすい気がします。


投稿: 侍ジャパン | 2015.07.12 21:09

侍ジャパン様
返信がおくれてすみません。キャノネットはけっこうジャンクがあるみたいで楽しめますね。ただ、一度分解されている固体も多いようで。分解の入門機との位置づけもありますが個人的には構造が複雑なので大変です。
当時のキヤノンはピントリングにつまみをつけるのが好きで、人によっては回しにくい感じがします。オリンパスはリング全体がローレットになっているので手の位置が自由ですね。
キヤノネットは高価なカメラでしたからいまでも憧れです。

投稿: 佐伯真一 | 2015.07.24 00:16

おかげさまでRCとEDは調子が良いです!
ただキャノネットG-ⅢQLのほうはシャッターが
落ちなくなりました
レンズが曇ってるのでいずれダメかなと思ってましたが
もう一台ジャンクで買ったG-Ⅲではないほうのシャッターも初めから壊れてるようですが レンズがこっちのほうがきれいみたいです。 そのうちレンズを入れ替えてくれそうな
修理の方がいれば依頼しようかと思います・・・

かなり高くつくかもしれませんね・・・><
でも1.7のレンズはいいレンズですね。
 もったいない気がします・・・

投稿: 侍ジャパン | 2015.07.25 18:58

侍ジャパン様
キヤノネットG-ⅢQLはよく写るカメラですね。
レンズシャッターの故障の多くはセクター(羽根)に油が廻って貼り付いていることが殆どなのですが、これを取り出して分解することは簡単ではありません。自分はベンジンを少しずつたらして油がにじんだらティッシュで拭き取り、乾くまでベンジンをブロワーで吹き飛ばします。これを何回も実行します。
レンズに油がにじむので要注意ですが、レンズ内部が拭き取れる環境ならばリスクはありますが一応試して見ます。
最悪、レンズ内部に油膜が侵入すると一巻の終わり!ですので注意が必要です。
シャッターが突然作動することがありますので生き返るか、壊れるかドキドキです。

投稿: 佐伯真一 | 2015.08.03 01:16

はじめまして。
71年にRCを手にした57年生まれです。上の写真で中はこうなっているのかぁと感じ入りました。古い目覚ましと管球ラジオを壊したことがある程度の機械音痴です。
わがRC、最近まで普通に使えていましたが、オートにすると、絞りの表示が2.8側に振り切れ、シャッターが押し込めず、切れなくなりました。侍ジャパンさんの不具合と同じなのか違うのかもよくわかりません。マニュアルでは問題ありません。
オート機能を復活させることはできるでしょうか。アドバイスがあったらお願いします。

投稿: クラ吹き | 2015.12.06 22:40

クラ吹き様 書き込みありがとうございます。
57年とは私と同じお生まれですね。その頃はRCに憧れていました。とうじ私の愛機はハイマチックCです。

さて、RCはオート時F2.8の左の赤い警告マークに指針が入るとシャッターがロックされる機構だったと思います。
手動にすると正常に作動するということは絞り羽根やシャッターは健在ですね。
考えられることはcdsメーターの作動不良。メーターが動いていないとオート時にシャッターボタンを押すと通常最小になっている絞りが適正位置に止まらず、どんどん開放になり警告マークに指針が達します。シャッターが切れません。
メーターはあまり故障しないのでコードの断線かcdsの劣化やもしれません。
二つ目は電池が劣化するとメーターが正しく作動しません。本機のEE機構は指針を段付き板が抑えて絞りを制御する構造ですのでメーター指針が動いていない可能性があります。
あと、シャッターボタンを押し込んだ時の段付き板の作動不良が考えられます。
EE機構の部分を分解組み立てすることは容易ではないのでいじらないほうが賢明です。こうなるとプロの手に委ねたほうがいいと思います。
余談ですが、ハイマチックCはEE機構が本機と似ていまして、電池が劣化するとEEがうまく働かなくなりました。絞り込まれないのです。
そこで、電池を新しいものに交換して何回も試しにシャッターボタンを抑え込む動作を繰り返すと突然復活しました。EE機構は長く使わないとたびたびこうなるようです。

投稿: 佐伯真一 | 2015.12.09 00:28

早速にご助言ありがとうございます。
とにかく電源をリフレッシュして騙し騙しシャッターボタンを押すことにチャレンジします。成果が得られたら報告します。いただいた他のコメントは私からみたら「プロ」の世界のはなしなので、手が出せません。
その昔、田舎の中学なのに一眼レフを持っている同級生が多々おり、カメラとは面白いものだと気がつきました。しかし、親は私の購入希望を却下。カタログを漁って、マニュアルで使える、バルブシャッターが切れるの2条件から選んで再説得し、35RCを買ってもらった次第です。勘だけを頼りに月のクレーターの写真も写しましたが、そっち方面のマニアにはなれませんでしたね。

投稿: クラ吹き | 2015.12.09 18:32

お久しぶりです!
キャノネット二月に直ってきてバンバン使っています・・
明るいレンズがとてもいいです。
ただカラーはオリンパスのほうが色の相性はいいみたいです
ヽ(´▽`)/

投稿: 侍ジャパン | 2016.07.25 22:02

侍ジャパン様 ご無沙汰しています。
やはりF1.7の威力ですね。キヤノンレンズは素直というか自然な描写だと思います。コントラストやカラーはズイコーがダイナミックな描写だと思います。
こちらはもっぱらオリンパス35SPの出番が多くなっています。いったんストラップつけたらそればかり使うんですね。

投稿: 佐伯真一 | 2016.07.27 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95283/46264832

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス35RC修理しました:

« アオシマ1/700「飛龍」竣工 | トップページ | ライカM3が来た日 »